ウォーターサーバーの雑菌繁殖をなくす

安全にウォーターサーバーを使うためには、まず、次の点が重要になるといえます。安全なところに設置して、雑菌繁殖が起こらないようにするということです。ウォーターサーバーは電気を使用しますので、湿度や温度変化に弱い傾向があります。そのため、設置は高温多湿ではない場所にするようにしましょう。また、高温多湿の場所に置くと、お水の中に雑菌繁殖が起こりやすい環境になってしまいます。

安全性という点からも、ウォーターサーバーは熱を発するものの近くには置かないようにしましょう。また、他の家具などとくっつけておくのもおすすめできません。内部に熱がこもりやすく、火事などの心配もでてきます。

置くところに困るという理由で、閉じきった押入れになど入れておくのは危険です。押し入れなどに設置すると、気密性が高くなり、電気を使うウォーターサーバーは火災の原因になるというリスクも高くなります。また、気密性が高く、湿度も高くなると雑菌繁殖が起きやすくなります。延長コードを使って押し入れに入れておくというのは非常に危険な状態になりますので、気をつけましょう。ウォーターサーバーを設置する場所は、湿度が少なくて温度変化の少ない場所を選ぶということがポイントです。